現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:$0.00

カゴの中を見る

商品カテゴリー

電子書籍『ヘブル的キリスト教入門』

電子書籍『ヘブル的キリスト教入門』

アーノルド・フルクテンバウム博士著『The Remnant of Israel』(Ariel Ministries)の日本語訳です。

著者:アーノルド・フルクテンバウム
翻訳:佐野剛史
これはダウンロード商品です
(電子書籍ファイル)

価格(税込):$ 7.00 〜 $8.00

  • ファイル形式:
数量:
本書は電子書籍です。ハーベスト・オンラインショップで初めて電子書籍を購入される方は、必ず「電子書籍の利用方法」をお読みください。

内容紹介


本書には、フルクテンバウム博士のメシアニック・ジュー神学のエッセンスが詰まっています。本書を読むと、聖書を「ヘブル(ユダヤ)的に読む」ことはごく自然で、当然のことであることがわかります。それは、何も特別なことではなくて、キリスト教が西洋化するうちに失ってしまった、聖書本来の読み方に戻ることです。

本書は、以下のような問いにも答えています。

・ユダヤ人とはどういう人のことですか。
・イスラエル建国に何か聖書的な意味があるのですか。
・現代に生きるユダヤ人に何か聖書的な役割があるのですか。
・モーセの律法は今でも有効ですか。
・教会の律法主義とは何ですか。


目次


第1章 メシアニック・ジューとユダヤ人:定義
第2章 聖書から見たメシアニック・ジューの特徴
第3章 メシアニック・ジューの歴史
第4章 メシア論
第5章 メシアニック・ジューとユダヤ人社会
第6章 モーセの律法
第7章 メシアニック・ジューと地域教会
第8章 宣教
第9章 メシアニック・ジューとユダヤ教
第10章 イスラエル国家
第11章 律法主義


推薦のことば


 アーノルド・フルクテンバウム師との出会いは、1989年にマニラで開催されたローザンヌ世界宣教会議にまで遡ることができる。師の教えに感銘を受けた私は、それ以来、フルクテンバウム師を聖書学、神学の師と仰ぎつつ、今日まで学びを続けてきた。ここ十数年間は、毎年来日していただき、さまざまなテーマでセミナーを開いていただいている。師のご奉仕によって、多くの日本人クリスチャンが祝福を受けてきた。今回日本語版が完成した本書も、さらなる祝福を私たちに届けてくれるものと確信する。

 メシアニック・ジュー運動は、神学的にも、実践的にも、実に多様な側面を持っている。そのため、異邦人クリスチャンの間に、この運動に関する誤解や混乱が生じている。メシアニック・ジュー運動には、指導者はいたとしても、強力な推進者やスポークスマンに当たる人はいない。そのため、どの指導者の意見に耳を傾けるかによって、その運動に関する理解が異なってくるからだ。

 本書を通したフルクテンバウム師の貢献は、複雑な側面を有するメシアニック・ジュー運動を、新約聖書の啓示というフィルターを通して、神学的かつ実践的に解説し、要約したことであろう。師の教えにいつも感動を覚えるのは、啓示されたみことばに対する真摯な姿勢がそこにあるからである。本書でも、師の聖書理解とそこから生まれてくる適用には、一切のぶれがない。

 今後、メシアニック・ジュー運動はますます拡大し、その重要性を増していくことであろう。異邦人クリスチャンである私たちは、本書によって、複雑多岐にわたる運動を評価するための基準を得たことになる。本書を心から推薦するゆえんである。

ハーベスト・タイム・ミニストリーズ

代表 中川健一

アーノルド・フルクテンバウム博士プロフィール

電子書籍『ヘブル的キリスト教入門』

フルクテンバウム博士は、代々ユダヤ教のラビという家系に生まれ、幼いころより旧約聖書の教育を受けました。しかしイエス・キリストをメシアと信じるようになり、現在ではメシアニック・ジューのリーダーとして世界的に知られています。

1943年  シベリアで生まれる
1946年  フルクテンバウム一家はドイツに逃れ、そこに1951年まで住む
1951年  一家は米国に移住
1956年  13才でイエスをメシヤとして受け入れる
1966年  オハイオ州セダービル大学卒業
1967年  イスラエルに留学し、第三次中東戦争を体験
1971年  ダラス神学校を卒業する
1977年  ユダヤ人伝道団体「アリエル・ミニストリーズ」を設立し、現在まで理事長として活躍
1989年  ニューヨーク大学から博士号を取得。