現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

クレイ聖書解説コレクション「エレミヤ書、哀歌」(電子書籍)

クレイ聖書解説コレクション「エレミヤ書、哀歌」(電子書籍)

本書は、月刊デボーションガイドClay【クレイ】の、以下の解説記事を書籍化したものです。
2002年2月〜5月号、9月〜10月号、2016年10月号 エレミヤ書、2016年10月号〜11月号 哀歌

著者:中川健一
これはダウンロード商品です
(電子書籍ファイル)

販売価格(税込): 1,500

申し訳ございません。只今品切れ中です。

オンラインショップの「クレイ聖書解説コレクション電子書籍版」は、ハーベスト・デジタルショップに移行しました。
»詳細はこちら

本書は電子書籍です。ハーベスト・オンラインショップで初めて電子書籍を購入される方は、必ず「電子書籍の利用方法」をお読みください。

内容

「涙の預言者」、「悲しみの預言者」などと呼ばれるエレミヤは
イスラエルの民を悔い改めに導くという「不可能な使命」を神から与えられ、
紀元前627年から約45年もの間、預言者としての活動を続けました。
彼は、ナホム、ハバクク、ゼパニヤ、エゼキエル、ダニエルなどの預言者たちと同時代の人物です。

エレミヤ書は、読んで嬉しくなる、元気になる、「ハレルヤ!」と言いたくなる、そんな本ではありません。
同胞から非難され、迫害されながらも主のことばを語り続けるという使命に、エレミヤは信仰と勇気と忍耐を持って従いました。

哀歌には、崩壊したエルサレムの苦難と絶望に対するエレミヤの嘆きが、
実に美しいヘブル語の詩の形式で切々とつづられています。
しかし哀歌の後半、エレミヤは激しい苦難の中でも神の愛と恵みは変わらないことを発見し、将来に希望を見出します。

そんなエレミヤ書・哀歌の解説を、24年続いたテレビ番組「ハーベスト・タイム」でおなじみの中川健一牧師が、初めて聖書に触れる方でも分かりやすい文章でお届けします。

(本書は、月刊デボーションガイドClay【クレイ】の、以下の解説記事を書籍化したものです。
2002年2月〜5月号、9月〜10月号、2016年10月号 エレミヤ書、2016年10月号〜11月号 哀歌)

本書の読み方

本書には聖書本文は含まれていません(引用文を除く)。本書をご利用の際は、聖書を傍らに置いてまず該当箇所を読み、その後に解説文を読まれることをおすすめします。

なお、特に断りのない限り、本書の聖書引用は新日本聖書刊行会の新改訳聖書(第3版)を使用しています。

関連商品

『希望に投資せよ』エレミヤ書32:1〜15

2011年4月 月例会

販売価格(税込): 100 円